【長野】ソーラーシェアリングの意味とは?太陽光発電を農業に

ホーム 【長野】太陽光発電のポイント > 【長野】ソーラーシェアリングの意味とは?太陽光発電を農業に

 

近年注目が集まっているソーラーシェアリングとは、農業と太陽光発電事業を両立させる取り組みのことをいいます。
ソーラーシェアリングをすれば、農業と太陽光発電双方での収益を上げることができるだけでなく、発電した電気の自家消費によって農業のコストを下げることも可能となります。


ここでは、長野で営業するソーラープラス長野 合同会社が、ソーラーシェアリングの仕組みや方法について詳しくご説明いたします。

ソーラーシェアリングとは?

ソーラーシェアリングは「営農型太陽光発電システム」と呼ばれるものです。日本国内では、2013年に農林水産省が「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて」という通達を出したことをきっかけに、注目されるようになりました。

ソーラーシェアリングでは、農地の周辺に支柱を立てて太陽光パネルを設置します。太陽光パネルですべての作物を覆ってしまうと生育に支障が出てしまうため、どの程度日射を作物に当てるかの基準となる遮光率は約30%程度に調整するケースが多く、この遮光率の設定はパネル下で育てる作物の種類によって変更する必要があります。

 ソーラーシェアリングとは? ​

本業である農作業に影響が出ないようにソーラーパネルは高所に設置するため、大型の農業機械を使うような農地であっても安心です。

ソーラーシェアリングでは農作物の出荷による収益のほか、発電した電気の売電による収益も上げられます。もちろん、電力は農地で自家消費することも可能なので、コスト削減が見込めます。

 

ソーラーパネルで適度な日陰を作ることが作物の品質アップにつながるのも、ソーラーシェアリングのよさといえます。また、日陰を作ることによって夏場の農地での作業が楽になるのも嬉しいポイントです。

一時転用とは?

ソーラーシェアリングを行うときには、農地の一時転用と呼ばれる手続きをする必要があります。


ソーラーシェアリングでは、第一種農地や青地、農業地区域内農地が一時転用での設置に活用できます。一時転用期間は、以前は3年間とされていましたが、現在は特定の条件を満たした場合に限り10年に延長されています。

国の保護下にある農地でソーラーシェアリングをするときには、以下のような条件をクリアしなければなりません。

 一時転用とは? ​

・必要に応じて撤去できるソーラーシステムであること
・必要最低限かつ適切な設備であること
・作物に必要な日照量を確保していること
・農業用の機械が利用できること
・ソーラーシステム撤去の費用が捻出できること

これらの規定は、農業と太陽光発電事業の両立や、撤去時のトラブル回避のために設定されています。
また、農業が行われなくなった場合や、作物の収穫量が8割以下に減少してしまったときには、一時転用が取り消しになる可能性があります。

一時転用の申請に加え、ソーラーシェアリング前には各地域の農業委員会にも申請を出すことになります。
地域によって申請方法は異なるため、手続きに慣れていない方は少し戸惑うかもしれません。ソーラーシェアリングの実施経験がある業者に手続きを任せることができれば、安心して取り組みを始められます。

ソーラープラス長野 合同会社は、ソーラーシェアリングの取り組みを推進しております。農業での収益と太陽光発電の売電収益と組み合わせることで、新しい農業の形を提案できると考えております。


長野県中野市(笠原)でシャインマスカットの上部へ太陽光パネルを設置して作物の生育状況の確認試験を行っており、見学も可能です。
長野でソーラーシェアリングに興味をお持ちの方は、ソーラープラス長野 合同会社にお気軽にご相談ください。

太陽光発電をプラスした新しい農業!長野でソーラーシェアリングのご相談なら

ソーラーシェアリングは、農業と太陽光発電のダブルで収益を上げることができ、農地の栽培環境も整いやすくなるなど、メリットの多い取り組みなのです。


農地の活性化や作業効率化のために新しい取り組みを始めたいとお考えの方は、ぜひソーラーシェアリングを検討してみましょう。まずは、ソーラーシェアリングを実際に行っている農地を見学してみることをおすすめします。

長野でソーラーシェアリングに興味をお持ちの農家の方がいらっしゃいましたら、ぜひソーラープラス長野 合同会社へお問い合わせください。


ソーラープラス長野 合同会社は、太陽光発電システムの販売・施工のほか、ソーラーシェアリングの導入もサポートしております。商品の販売、施工、メンテナンスまで一貫して対応しているため、低価格で安心の施工をご提供することが可能です。
長野県でのソーラーシェアリングに必要な各種申請の経験も豊富なので、まずはお気軽にご相談ください。実際にソーラーシェアリングを導入している農地の見学も可能です。

■長野でソーラーシェアリングのことならソーラープラス長野 合同会社

[会社名]
ソーラープラス長野 合同会社

[代表社員]
押木 隆二

 

[資本金]
5,000,000円

 

[住所]
〒383-0045 長野県中野市江部778−3

 

[電話番号]
0269-38-1799

 

[FAX番号]

0269-38-8860

[社員数(従業員含む)]
6名

[メール]

12t@sun2.gmobb.jp

 

[URL]
https://www.solarplusnagano.com/

 

[許可など]
長野県知事許可(般一1)第25923号(建設業許可)
長野県北信地域振興局長登録第2019K014号(登録電気工事業者)

 

[事業内容]
太陽光発電システムの販売・工事・申請及び関連全て
蓄電池の販売・工事・申請及び関連全て
農業および農業に関る機器販売・工事・申請及び関連全て