【長野】太陽光発電の見積もりについてなどよくある質問!設置から点検まで対応可

ホーム 【長野】太陽光発電のポイント > 【長野】太陽光発電の見積もりについてなどよくある質問!設置から点検まで対応可

 

太陽光発電システムを導入するにあたって気になるのは、やはり発電量ではないでしょうか。ソーラーパネルの発電量はシステムの仕組みや日射量によって異なります。どれくらいの発電量に達しているのかを知りたいときには業者にご相談ください。

ソーラープラス長野 合同会社は、長野県内でソーラーパネルの施工やメンテナンスを行っています。ここでは、ソーラープラス長野 合同会社に寄せられるご質問と、発電量についてご紹介します。

長野のソーラープラス長野 合同会社に寄せられるよくある質問

ここでは、ソーラープラス長野 合同会社に寄せられる主なご質問にお答えしていきます。

Q1.ソーラーパネル設置にあたっての補助金はありますか?
A.機器により異なりますが、国または市町村の補助を受けることができる場合がございます。ただし、導入のタイミングによっては予算に達してしまっている場合もございますので、都度お問い合わせください。

Q2.工事に保険はありますか?
A.すべての工事に対する工事賠償保険をかけていますので、弊社施工による瑕疵は保険の対象となります。

Q3.機器の寿命はどのくらいですか?
A.太陽光発電システムには稼動する箇所がほぼなく、一般的な機器に比べると故障が少ない機器構成となっています。現在のソーラーパネルは、10年前の製品に比べると発電効率がアップし故障も少なくなってきています。ソーラーパネルの寿命は30年以上と考えていただいてよいかと思います。
パワコンの寿命は10~15年程度といわれていますが、適切な場所に設置することで故障のリスクを減らせます。また、蓄電池に関しては理論値で30年以上使える製品も販売されています。
機器によって寿命が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

Q4.機器の保証は何年ですか?
A.各メーカーの製品保証は15年が当たり前になってきました。災害に対する補償も、10年または15年がセットになっています。

Q5.停電しても使えますか?
A.太陽光発電システムのみ導入の場合には、別途設けた非常用コンセントを使うことができます。ただし、工事の際には非常用コンセントを設置する必要があります。
太陽光発電と蓄電池の両方を導入いただいた場合には、停電時でも通常時と同じように電気を使うことが可能です。蓄電できる容量や使い方は蓄電池の種類によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

Q6.太陽光発電システムの導入は、少し待った方が安くなるのではないですか?
A.太陽光発電システムの機器価格が下がる可能性は考えられますが、それに伴って売電単価も減少しますので、導入を先送りするメリットはありません。
また、蓄電池は材料となるリチウム等のレアメタルの価格が下がらないため、ここ数年それほど安くなっていません。災害に備えるという意味でも、お早めに導入いただいて損はないかと思います。

Q7.アフターケアが大変なのではと心配です。
A.アフターケアに関するご不安を解消するためにも、導入時の商品選びや施工品質は重要です。
弊社ではお客様の財産を損ねる押し売りのような提案はいたしません。また、施工時にも正しい方法で設置し適切な措置を講じるなど、デメリットを最小化しております。
導入いただいたあとには定期的な点検サービスや発電確認などを行っておりますのでご安心ください。

Q8.屋根に設置すると雨漏りするの?
A.太陽光パネルを設置するときには、風で飛んでいかないよう屋根材にビス打ちをするなど、しっかりと屋根に固定する必要があります。
作業前には、屋根材や防水シート、野地板などを現地調査でしっかりと確認するため、不適切な施工による雨漏りは絶対にありません。
屋根材によっては、雨漏りを防止する弊社独自の工法や、穴あけしないキャッチ工法を採用するなどして、雨漏りリスクも最小化しております。

Q9.初期投資は何年で回収できますか?
A.太陽光発電システムのみを導入いただいた場合であれば、7年~10年程度で回収できます。ローンでのお支払いの場合には、現在かかっている生活費の中で導入できるのでかなり負担が少ないといえます。
蓄電池を導入いたただいた場合の投資回収は、一般的には10年~30年程度かかるといわれます。ただし、こちらは容量や電気消費量により大きく変動します。
蓄電池は太陽光発電に比べ経済効果は少ないのですが、災害対策ができるなど家族を守るための商品といえます。寿命が長い機器もございますので、長期間ご利用くださればきっとメリットを感じていただけると思います。

Q10.どのメーカーの製品を選んだらいいでしょうか?
A.屋根材や屋根の面積、設置状況や電気の使い方などで状況は変動しますので、お気軽にお問い合わせください。適切なプランをご提案させていただきます。

Q11.見積もり一括サイトを使うメリットはありますか?
A.見積もり一括サイトは大量に広告を出すための費用や運営費を紹介企業から徴収しています。紹介企業は提案する見積り金額に広告費を上乗せした金額をお客様から徴収しています。
現在はたくさんの見積もり一括サイトがありますが、割高になる可能性が高いので、業者に直接ご依頼いただくのが結果的には最もお得といえます。

Q12.ソーラーパネルの訪問販売が来ましたが契約しないほうがいいですか?
A.長野県内でも、たくさんの業者が訪問販売をしています。しかしそのほとんどが高額であり、しかも施工は丸投げです。トラブルが起きた方からのご相談も弊社には多く寄せられます。


もちろん良心的な企業や大手企業もありますが、他社と比較せずに訪問販売のみで契約してしまうことはおすすめできません。

太陽光発電の発電量は?

太陽光発電システムの発電量は、計算で求めることができます。
システム容量(kw)×平均日射量(kwh/㎡)×損失係数(%)を計算すれば、発電量が求められます。


システム容量とは作れる電気の容量のことで、ソーラーパネルの規模によって異なります。また、平均日射量は地域差の影響を大きく受けるほか、ソーラーパネルの向きや角度によっても変わってきます。


損失係数とは、発電した電力のうち失われてしまう分のことです。太陽光発電システムでは20%前後の電気が失われるので、一般的には数式に0.75~0.85程度の数字をかけることになります。

 太陽光発電の発電量は? ​

発電量を個人で求めるのは少し難しいので、業者にチェックをご依頼ください。
長野で太陽光発電システムに関する疑問点がありましたら、ソーラープラス長野 合同会社までお気軽にお問い合わせください。ソーラーパネルや蓄電池など、様々な商品と取り扱っています。

太陽光発電システムの導入なら施工から点検まで請け負うソーラープラス長野 合同会社にお見積もり依頼を

太陽光発電システムの導入は多くの方にとって初めての経験であるため、不安な点も多いことと思います。


太陽光発電システムについてご不明点がありましたら、長野のソーラープラス長野 合同会社にご相談ください。
丁寧なヒアリングを行い、現地調査も踏まえたうえで見積もりを行い、お客様にぴったりなプランをご提案させていただきます。お見積もりやプラン内容にご納得いただいて初めてご契約となります。


不安を解消し、安心して太陽光発電システムを導入するためにも、わからないことがありましたら、とことんお聞きください。
ソーラープラス長野 合同会社は導入だけでなく点検も行っており、お客様と長いお付き合いをさせていただいています。長野で太陽光発電システムを導入するなら、設置から点検まで承るソーラープラス長野 合同会社にお任せください。

■長野で太陽光発電を導入するならソーラープラス長野 合同会社

[会社名]
ソーラープラス長野 合同会社

[代表社員]
押木 隆二

 

[資本金]
5,000,000円

 

[住所]
〒383-0045 長野県中野市江部778−3

 

[電話番号]
0269-38-1799

 

[FAX番号]

0269-38-8860

[社員数(従業員含む)]
6名

[メール]

12t@sun2.gmobb.jp

 

[URL]
https://www.solarplusnagano.com/

 

[許可など]
長野県知事許可(般一1)第25923号(建設業許可)
長野県北信地域振興局長登録第2019K014号(登録電気工事業者)

 

[事業内容]
太陽光発電システムの販売・工事・申請及び関連全て
蓄電池の販売・工事・申請及び関連全て
農業および農業に関る機器販売・工事・申請及び関連全て