【長野】ソーラーシェアリングの条件とは?太陽光発電の事例・費用はお問い合わせを

ホーム 【長野】太陽光発電のポイント > 【長野】ソーラーシェアリングの条件とは?太陽光発電の事例・費用はお問い合わせを

 

ソーラーシェアリングとは、農地に太陽光発電システムを導入する仕組みのことをいいます。メリットの多い事業ですが、ソーラーシェアリングはどんな農地であってもすぐに始められるというわけではありません。費用も必要ですし、様々な条件をクリアし申請書類を揃える必要があります。


ここでは、長野で太陽光発電事業を行うソーラープラス長野 合同会社が、ソーラーシェアリングの手続きに関して詳しくご説明いたします。

ソーラーシェアリングの条件は?

ソーラーシェアリングを始めるときには、以下のような条件をクリアする必要があります。

・ソーラーシステムの支柱が簡易な構造で撤去しやすいこと
・一時転用許可が必要な面積が適正と認められること
・ソーラーシステムの下の農地で適切な営農ができること
・農作物の生育を妨げない日照量を確保できていること
・支柱の高さが2m以上あり、農業機械の利用を妨げないこと
・周辺の農地に支障を及ぼさないこと
・ソーラーシステムの撤去に必要な費用が捻出できること
・ソーラーシステムを電力系統に連系するときには、電気事業者との契約を締結できる見込みがあること

 ソーラーシェアリングの条件は? ​

以上の条件が守られていない場合には、ソーラーシェアリングを始められないことがあります。
また、ソーラーシステムの設置をできるだけ農閑期に行うことや、ソーラーシェアリングをきっかけとして農業収入が減ってしまうような作物転換をしないことなども、条件として定められています。

ソーラープラス長野 合同会社は、太陽光発電事業に携わる会社で、ソーラーシェアリングの確かなノウハウを有しております。事例も豊富で、お客様のご希望をお伺いし、適切なご提案が可能です。
ソーラーシェアリングを始めるにあたっての疑問点や費用に関するお悩みは、お気軽にお問い合わせください。

事例も必要?ソーラーシェアリングの申請時の手続きと必要書類

ソーラーシェアリングを始めるにあたっては、一時転用許可の申請が必要です。
一時転用申請は、農地のある市区町村の農業委員会に対して提出します。ソーラーシェアリング以外の農地転用の際にも手続きが必要とるため、申請書類は農業委員会に用意されています。


ソーラーシェアリングの場合には、一般の農地転用許可に加えて以下のような書類の提出が必須となります。

 ​ 事例も必要?ソーラーシェアリングの申請時の手続きと必要書類 ​

・ソーラーシェアリングに使うソーラーシステムの設備設計図
・ソーラーシステムの下の農地での営農計画書
・ソーラーシェアリングにおける営農への影響の見込みとその根拠となる関連データ
・先行でソーラーシェアリングに取り組んでいる事例
・ソーラーシステムの撤去費用の負担について合意がなされていることを証明する書類(ソーラーシェアリングの事業者と営農者が異なる場合)

ソーラーシェアリングを始めるときには、先行してソーラーシェアリングをしている事例を農業委員会に提出することになります。
現在は各地の農業試験場や農業普及指導員、太陽光発電事業者が、ソーラーシェアリングの研究や設置に取り組んでいます。また、大学でソーラーシェアリングに関する研究をしている例もあるので参考にしてみましょう。

また、ソーラーシェアリングの申請時には、事業に必要な資金を持っているかを証明しなければならないこともあります。自費で行う場合には通帳の残高照明を、融資を受ける場合には融資内定証明書の提示が求められることがあるので用意しておきましょう。

長野でソーラーシェアリングのご相談なら、ソーラープラス長野 合同会社お問い合わせください。


太陽光発電に関わる事業に長年携わってきた経験を活かし、ソーラーシェアリングの推進にも注力しております。
長野県では、既存の歴史ある農業を守りたいという方たちも多く、全国的にみてもあまりソーラーシェアリングが普及していないエリアです。


ソーラープラス長野 合同会社では、長野県中野市(笠原)でシャインマスカットの上部へ太陽光パネルを設置し、作物の生育状況の確認試験を行っております。ソーラーシェアリングを推進するために様々な取り組みを行っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

太陽光発電を農業にプラス!長野でソーラーシェアリングのご相談なら!費用はお問い合わせを

ソーラーシェアリングを始めるにあたっては多くの手続きが必要です。市区町村によって手続きの方法は異なるため、まずは農地のある市区町村の農業委員会に問い合わせてみましょう。
また、ソーラーシステムを提供する業者に不明点を相談しながら手続きを進めていくのもおすすめの方法です。

長野でソーラーシェアリングに興味をお持ちでしたら、ソーラープラス長野 合同会社へお問い合わせください。
太陽光発電システムの販売、施工に携わる会社で、ソーラーシェアリングの推進にも注力しております。施工からアフターメンテナンスまで一貫して対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。費用など不明点があれば、お気軽にお問い合わせいただけます。

 

■長野でソーラーシェアリングに関することならソーラープラス長野 合同会社

[会社名]
ソーラープラス長野 合同会社

[代表社員]
押木 隆二

 

[資本金]
5,000,000円

 

[住所]
〒383-0045 長野県中野市江部778−3

 

[電話番号]
0269-38-1799

 

[FAX番号]

0269-38-8860

[社員数(従業員含む)]
6名

[メール]

12t@sun2.gmobb.jp

 

[URL]
https://www.solarplusnagano.com/

 

[許可など]
長野県知事許可(般一1)第25923号(建設業許可)
長野県北信地域振興局長登録第2019K014号(登録電気工事業者)

 

[事業内容]
太陽光発電システムの販売・工事・申請及び関連全て
蓄電池の販売・工事・申請及び関連全て
農業および農業に関る機器販売・工事・申請及び関連全て